投稿

湯たんぽについて

イメージ
 今年も湯たんぽの季節になった。まぁ冬が来たという事。 この湯たんぽの最大の特徴はコンパクトなサイズだ。湯たんぽを製造するツバメテックには3サイズの湯たんぽがあり、中でも一番小さなサイズをFD STYLE湯たんぽとして販売している。理由は単純で、必要以上に沢山のお湯を沸かすして用意するのは大変で、使わなくなってしまうから。毎日布団に入る少し前に2リットルもお湯を用意するなんて、電気ケトルでもすぐに沸くのはせいぜい800㏄くらいのお湯でしょう。この湯たんぽは700㏄くらいのお湯で十分使えます。 道具に対する考え方は様々です。デザインするうえでも大切なことは道具がすべてではないこと。例えばうちのオロシは受け皿をつけていません。FD STYLEにはオロシだけでも3種類あるのですが、一番大きなオロシは専用の受け皿はありません。ボールで十分におろせるからです。皆さんは1週間でどれくらいオロシを使いますか?使わないとき引き出しの中で邪魔にになっていませんか。買ってから後悔する邪魔な道具は結局使わなくなります。 FD STYLEは最小限の道具をイメージしてデザインしています。使っていないときも道具は存在するわけです。立派な受け皿が引き出しにしまっているときは邪魔になるときもある。 使い方を考えればコンパクトであることは、用意するお湯も少なくて良いわけで、毎日2リットルのお湯を沸かして1名分の湯たんぽが使えれば良いのか?例えばキャンプの時に2リットルのお湯を沸かせる?とか考えなくてはならない。 今年は湯たんぽの注文が多くて、初回の製造分はすぐに売り切れてしまいました。アウトドア人気のせいなのか、それとも燃料費の高騰で湯たんぽが見直されたのかわかりませんが、最も必要な時期に欠品させてしまいました。7年目で初めて湯たんぽ本体が理由の欠品です。現在金属材料の価格変動が大きく流通が安定しないこともあり、製品全般に納期が掛かります。 ニットの方も、糸を製造しているニットーボー新潟の工場閉鎖が決まりリバースという名の特徴ある糸の製造が終わります。今年で最後の製造をサイフクさんにお願いして2年ぶりにつくりました。リバースを使ったコットンのカバーはこれで最後です。独自の風合いの糸ですので欲しい方はこの機会にどうぞ。 カバーの方は昨年からの栃尾の白倉ニットさんで作るウールのカバー「キナリ」「チャコー

FDSTOREにて

イメージ
 ちょっとだけ嬉しい事がありました。何かといえば、僕らの店で製品の修理を頼まれたことです。 そもそも僕らの店舗は宣伝もしていないし、1日1組お客さんがくれば良いというお店です。何故そんな店をやっているかという理由の一つが製品の修理を受けたいからです。僕らのデザインする製品は道具でしかなくて、長くは使えると思うけど永久ではありません。少しでも長く使ってもらう為には適正なメンテナンスがあ必要だけど、製品が安価なので買い換えた方が良いって思われやすい。  FREITAG Store Tokyo Shibuya に行った時にこんなお店が良いなと思って始めたのがFD STOREなわけ。 僕らの製品で比較的修理の問合せがあるのはフライパンのハンドルの交換。これはハンドルの竹の部分とレンチを一緒にして販売している。もちろん新潟市のお店に来てもらえればその場で交換もできるけれど、そういうお客様は残念ながらまだいない。それ以外にメンテナンスが必要なのは花はさみだと思う。刃物は使っているうちに切れ味がどうしても低下してしまう。 FD STYLE 花はさみは刃が交換できる構造になっている。本来替刃を流通できれば良いのだけど簡単ではない。刃よりもハンドルの動きが悪くなったという声も多い。これは専用工具で分解し掃除すれば簡単に解消する。バネも交換式で交換できるけどバネを交換しなければ鳴らないケースはまれだ。 部品交換がなければ店舗では無料でメンテナンスを行なっている。プラスチックだからだめと考える人もいると思う。デザインする立場からすれば、プラスチックでなければできないことも、金属や木の方が良い物もある。 かくしてFD STORE設立およそ3年目で初めて修理を受け付けました。依頼内容は花はさみの「ハンドルの動きが悪い」というもので分解して洗浄して組み直すだけで解決しました。 ただ、刃が多少消耗しているのと湾曲してそっている。せっかくだから刃も交換しては?と提案したらお願いしますとのこと。 ちょっと心配だったのは刃だけが曲がっていれば良いけれど、フレームが曲がっていたら嫌だなぁ。新しい刃を付けてみたけど問題なさそう。プラスチックの傷一つ一つが道具として機能してきた跡なのだろう。 メンテナンス内容を記載した書類と一緒にお返しします。 花はさみ自体は先回のブログに書いたように廃番が決まっていてうち

「廃盤」ー商品が終わる事について。

イメージ
プロダクトデザイナーと言う職業で沢山の製品を作ってきた。始まりがあれば終わりがあるのだけれど、通常デザイナーには廃盤は縁がない。 FDSTYLEでキッチンツールと並んで最初からあるアイテムが「花はさみ」。2009年のGoodDesign賞に選定されているので12年位販売してきた。この製品が今回廃盤となる。 今でも良く覚えている。面識の無い東京の自由が丘フラワーズの横山社長から、オリジナルで園芸ハサミを創るのだけれど工場が新潟のなのデザインをして欲しい。という電話をいただいた。その時に初めて紹介されたのが、株式会社カバサワの社長と専務である。マイク真木の様に白髪を後ろで束ねた社長と奥さんで長岡弁で話す専務。お邪魔するときは何時も2人で迎えてくれた。昨年の6月頃に社長(この時点ではすでに会長)が完全に引退し、自ら準備した施設に移りもはや工場にも来ないとのこと。 はさみと呼んでいるけれど、金属の刃で挟む構造ではない。外国製「アンビル」と呼ばれる似た構造の物があるけれどそれとも違う。FISKERのバラ切りが似ているけれど厳密には違う。刃の構造が両刃であるからだ。薄い刃の場合木のを切るときに片刃つけだと力が中央に集中せず捻れる。薄い刃であるので捻れは力のロスでしかない。刃が薄いと長切れしないのでは?と考える人もいるだろう。写真のように刃の先端を「鈍角」にする二段刃であるので厚い刃と変わらない。問題は刃が厚くなることで木を切るときに木の繊維を押し分けて進むことができずに必要以上に力が必要だということ。木を如何にして切りか?ということ関してカバサワの社長は本当によく研究されていた。安来鋼やスエーデン鋼の事も社長から教えてもらった。 鍛治仕事だけにとどまらず、この鋏を作るために縦型の成型機も導入したし、ガラス繊維で強化する成型も一緒に勉強させてもらった。替え刃式のはさみを作りたいという考えは道半ばではあったけれど、流通も含めて僕らの力不足も感じることとなった。でも、本当に木を切るということについて多く学ぶことができた。もちろん調理器においても応用できる考え方と知識になった。 数年前から準備をしてキッパリと決断した引き際は見事というしかない。息子の新社長のもと新しい方針で当面はノコギリに専念していく方針との事ではさみの製造は修了するとの事でした。もちろん、継続して生産してくれるよう交

自分になにが出来るのだろう。

イメージ
 2020年は世界中がコロナ禍一色ですね。 皆さんはコロナの自粛期間どの様に過ごされましたか? 私は2月中は展示会で青山スパイラルホールに行ったり、その後も東京へ打合せなどで足を運んでいました。3月になるとコロナの問題が想像よりも深刻であることが分かってきます。そして4月日本もとうとう自粛期間が始まります。 私は3月が一番不安でした。思えば2019年には仕事全般が少なくなっていたのかと思います。スタッフの産休と育休が有って余裕が無かった事もありますが、少なくとも3月は、この先どうなるのか?と不安でした。そんな時、寺泊の銅製品の工場で銅のマスクケースを作ったのだけどどうやって売れば良いか?という相談がありました。製品自体は銅製のタッパーのようなケースでここにマスクを保存するとウィルスを殺菌する効果があるというものでした。この頃は東京へは移動できる状況では無く、商社を紹介すると1000個受注しました。 コロナ禍によって行動は制限されるけれど、逆に必要になるものもある。そんな時、たまたま立ち寄ったスーパーの入り口で足踏み式の消毒液スタンドが目に留まりました。その頃エレベータに乗ってもボタンを指で押さなかったり、ウィルスを避ける為人の触れたモノには触れたくないと皆が感じていました。アルコール消毒液のポンプに触れずに使える安心感は良いなと考えました。 直ぐにデザインして、燕のササゲ工業の棒常務に作ってくれないかと相談に行きました。この時期捧常務とは頻繁に連絡を取り、コロナで世の中が厳しい状況になっても、必ずチャンスはあると励まし合っていました。初期のデザイン案に対して捧常務は、コロナが収束しても例えばコスメショップにポンプ式のサンプルスタンドとして使ってもらえる様なデザインに出来ないか?と言うのです。多くの工場の人は、簡素化を求めても難しい方向の要求をする事は稀です。私自身、つくって欲しいものは第一印象で簡単に作れそう、と思われるデザインをしてしまいます。 右は3DCG、左は製品 その時の打合せで、ササゲ工業で製造するホテル用の特注バス用品を見せられ、薄板では無くステンレスのソリッド感を持たせた造形のアイデアをカタチにする事にしました。単なるステンレスの細いパイプだけで足踏み式の機構を収めようと考えました。フットペダルもタオル掛けの様なステンレス丸棒でシンプルにまとめました。

挽物屋さんと作ってみました。

イメージ
2020年の2月に「ててて商談会」に出展しました。 昨年までは「ててて見本市」という名前で毎年2月に開催されていた展示会ですが名称が変更になり、今年は商談会でした。 展示会には何かしら新製品を出そうと考えていて、今年はいつも商品の部品を加工してくれている株式会社和田挽物の長谷川さんにペンをつくりませんか?と提案して協力してもらいました。長谷川さんとはササゲ工業の 棒さんの紹介で3年くらいのお付き合いです。  株式会社和田挽物は昨年40周年を機に会社名を変更し、社長が交代して若い長谷川さんが社長になりました。FD STYLEでお付き合いしている工場の経営者は順次代替わりしていて「工場をこうしてい行きたい」という話をよく聞くので提案もしやすいです。有限会社和田から株式会社和田挽物に社名が変わり「挽物」を強くPRしたいのだと考えました。 挽物屋とは旋盤加工をする工場です。産地ではそれぞれの工程が専門化していて、そうすることにより、小規模でも高い技術を使う事が出来るのです。新潟県燕市は本当にそうした小さな工場が集まっていて、そのネットワークで製品が作られます。 そもそも「まとめ屋」と呼ばれる人がいて話をまとめ、製造工程を夫々の会社に振り分けます。その中で規模の大きいものが産地問屋と呼ばれるようになり発展してきたのだと思います。高度経済成長を経て、流通が大きく集中する流れで産地問屋さんも大きくなり、グローバル化の時代になり、数を多く扱わないとならなくなり海外からの調達が中心へと変化してきました。 当然、海外からの調達で良いのであれば産地問屋である必要も徐々に無くなります。後は組織力という事になるだろうし、もちろんそうした沢山の数を扱う仕事というのも産地には必要です。しかし全体としては産地の仕事は先細りで、専門の加工を行う工場となるとそれが顕著です。 こうした流れの中で、それぞれの工場は自分で仕事を確保する事が必要となります。そうした時に中間の加工を行う工場は、自分達の技術を情報発信する事が難しい立場になります。一般的に「下請け」といわれますが、私には「下」である感じはしません。燕に見る技術で私が「凄い」と感じる事の多くは、こうした専門の加工を行う工場なのです。 今回のペンは、かなり以前にThinking Powerさんの開発をお手伝いしてた時に「ぺんてるプラマントラディ

FD STYLEの湯たんぽ。

イメージ
FD STYLEの湯たんぽは2014年に誕生しました。今からちょうど5年前です。 最初にコンパクトな湯たんぽを見たのはその前年でした。製造するツバメテックの会長が、愛犬にも使えるかと作っては見たものの「小さい」事で誰も扱わないから「おまえに売らせてやる」と言われました。その時はとても売れそうもないなぁと思いました。そもそも、既存の物を売るのはデザイナーの仕事ではないだろうと考えていました。 ツバメテックの会長は面白い人で、以前から「おまえが絵を描いてくれば、俺が作ってやるからそれをおまえが売ればいいろ」とも言われていました。当時の私は具体的な条件を提示された範囲で造形することをデザインと考えていました。 たまたま、スノーピーク本社に山井社長を訪ねる機会があり、本社に併設された店舗でコンパクトな湯たんぽを見かけました。そのとき同行した女性が「かわいい」と湯たんぽを手に取るのです。アウトドアで使う小さな湯たんぽという機能面からしか湯たんぽを見ない私にとって「かわいい」という感覚が新鮮でした。 スノーピークの湯たんぽは燕の別の工場のものだけど、サイズは同じくらいでした。その後ツバメテックから製品本体を借りて、1シーズン自分で使ってみました。インドアでもコンパクトな湯たんぽが十分実用になる事が分かりました。同時にコンパクトサイズは、お湯を沸かすのも簡単で毎日使い続けるのが楽なことを実感しました。 燕のステンレスボトルメーカーが山形のニットメーカーとコラボしてニットカバーで差別化した製品を出していて、それをヒントにニット工場とコラボ出来ないかと考えました。機能だけではない魅力を加えられないか、かわいいという感じられる何かを。幸い新潟県は織物や編物の産地が多く、新潟市のお隣の五泉市はニットが地場産業として知られています。 同じ頃、手拭いを作ってもらって居る藤岡染工場で、新潟市のニットーボーで糸を使ったキッチン雑貨を作れないかと言う話があり、ニットーボー新潟さんの工場を見せて貰いました。何より新潟が港町である事を感じさせる歴史ある工場が素敵で気に入りました。製糸業は多くの産業の始まりでもあり、古いとはいえ、燕の手工業とは異なるものだと感じました。綿をほぐして1本1本の繊維に整え、長さ毎に分けて寄りをかけて糸にする。高品

ステンレス鍋について

イメージ
確かめようのない事だけど「ステンレス鍋」について、日本で一番沢山デザインしたのではないかと思っている。でも、きっと最後化の知れないなぁとも思っているのがFD STYLEのステンレス鍋である。 金型に関して言えば、新規に作ってはいないし、フリーになって最初にデザインした貝印の「 ミシェフ 」(1992)やヨシカワの「 パワークックパル 」(1996)とは全く違う背景で作った鍋になる。現在において新潟県燕市であっても新しいステンレスの鍋をつくるという事はかなり難しい事です。ステンレス鍋に関しては通常、14、16、18、20、22、24センチが一つのシリーズとして商品化するのが普通です。でもFD STYLEのステンレス鍋は通常で言う20センチ深型というサイズのみで商品化しています。そして予定より2か月遅れで18センチが完成します。商品としては20センチの黒と白、18センチの黒と白が揃って4種類という事になります。ここまでに2年かかりました。 最近は過去において気にしなかった事に気を付けながらものづくりを行っていて、塗装の焼き付け温度で表面の硬度と色の再現性を試したり、有機溶剤を使わない洗浄方法を試したりしていて、商品の発表と商品化に予想をはるかに超える時間が掛かっています。もちろん予算の制限から掛けられるマンパワーの制約があるのも事実です。以前は図面を渡せば試作品が出来てきて黙っていても商品になり「どこかで」売られていました。そして数年すると自然と廃版になりました。もちろん経緯に関わってもいません。そうした事はデザイナーの仕事とも考えていませんでした。 FD STYLEのステンレス鍋には製造するフジノスが20年保証を付けています。私達の業界では良い鍋にはどれでも同様の保証がついています。20年は業界では最長だそうです。正しい使い方をする限り鍋はそう簡単に修理が必要にはなりません。実際に修理を頼むケースはフッ素加工をしているフライパンを除けば多くはありません。保証がついてる事を覚えていなかったり、メーカーを意識して売られている製品が少ないからだと考えています。私達のFD STYLEが認知されて、不具合が出た時に思い出してもらえれば保障の意味があると思うし、そうなる為に活動していかなくてはならないと考えています。 今回の鍋で限られた