投稿

自分になにが出来るのだろう。

イメージ
 2020年は世界中がコロナ禍一色ですね。 皆さんはコロナの自粛期間どの様に過ごされましたか? 私は2月中は展示会で青山スパイラルホールに行ったり、その後も東京へ打合せなどで足を運んでいました。3月になるとコロナの問題が想像よりも深刻であることが分かってきます。そして4月日本もとうとう自粛期間が始まります。 私は3月が一番不安でした。思えば2019年には仕事全般が少なくなっていたのかと思います。スタッフの産休と育休が有って余裕が無かった事もありますが、少なくとも3月は、この先どうなるのか?と不安でした。そんな時、寺泊の銅製品の工場で銅のマスクケースを作ったのだけどどうやって売れば良いか?という相談がありました。製品自体は銅製のタッパーのようなケースでここにマスクを保存するとウィルスを殺菌する効果があるというものでした。この頃は東京へは移動できる状況では無く、商社を紹介すると1000個受注しました。 コロナ禍によって行動は制限されるけれど、逆に必要になるものもある。そんな時、たまたま立ち寄ったスーパーの入り口で足踏み式の消毒液スタンドが目に留まりました。その頃エレベータに乗ってもボタンを指で押さなかったり、ウィルスを避ける為人の触れたモノには触れたくないと皆が感じていました。アルコール消毒液のポンプに触れずに使える安心感は良いなと考えました。 直ぐにデザインして、燕のササゲ工業の棒常務に作ってくれないかと相談に行きました。この時期捧常務とは頻繁に連絡を取り、コロナで世の中が厳しい状況になっても、必ずチャンスはあると励まし合っていました。初期のデザイン案に対して捧常務は、コロナが収束しても例えばコスメショップにポンプ式のサンプルスタンドとして使ってもらえる様なデザインに出来ないか?と言うのです。多くの工場の人は、簡素化を求めても難しい方向の要求をする事は稀です。私自身、つくって欲しいものは第一印象で簡単に作れそう、と思われるデザインをしてしまいます。 右は3DCG、左は製品 その時の打合せで、ササゲ工業で製造するホテル用の特注バス用品を見せられ、薄板では無くステンレスのソリッド感を持たせた造形のアイデアをカタチにする事にしました。単なるステンレスの細いパイプだけで足踏み式の機構を収めようと考えました。フットペダルもタオル掛けの様なステンレス丸棒でシンプルにまとめました。

挽物屋さんと作ってみました。

イメージ
2020年の2月に「ててて商談会」に出展しました。 昨年までは「ててて見本市」という名前で毎年2月に開催されていた展示会ですが名称が変更になり、今年は商談会でした。 展示会には何かしら新製品を出そうと考えていて、今年はいつも商品の部品を加工してくれている株式会社和田挽物の長谷川さんにペンをつくりませんか?と提案して協力してもらいました。長谷川さんとはササゲ工業の 棒さんの紹介で3年くらいのお付き合いです。  株式会社和田挽物は昨年40周年を機に会社名を変更し、社長が交代して若い長谷川さんが社長になりました。FD STYLEでお付き合いしている工場の経営者は順次代替わりしていて「工場をこうしてい行きたい」という話をよく聞くので提案もしやすいです。有限会社和田から株式会社和田挽物に社名が変わり「挽物」を強くPRしたいのだと考えました。 挽物屋とは旋盤加工をする工場です。産地ではそれぞれの工程が専門化していて、そうすることにより、小規模でも高い技術を使う事が出来るのです。新潟県燕市は本当にそうした小さな工場が集まっていて、そのネットワークで製品が作られます。 そもそも「まとめ屋」と呼ばれる人がいて話をまとめ、製造工程を夫々の会社に振り分けます。その中で規模の大きいものが産地問屋と呼ばれるようになり発展してきたのだと思います。高度経済成長を経て、流通が大きく集中する流れで産地問屋さんも大きくなり、グローバル化の時代になり、数を多く扱わないとならなくなり海外からの調達が中心へと変化してきました。 当然、海外からの調達で良いのであれば産地問屋である必要も徐々に無くなります。後は組織力という事になるだろうし、もちろんそうした沢山の数を扱う仕事というのも産地には必要です。しかし全体としては産地の仕事は先細りで、専門の加工を行う工場となるとそれが顕著です。 こうした流れの中で、それぞれの工場は自分で仕事を確保する事が必要となります。そうした時に中間の加工を行う工場は、自分達の技術を情報発信する事が難しい立場になります。一般的に「下請け」といわれますが、私には「下」である感じはしません。燕に見る技術で私が「凄い」と感じる事の多くは、こうした専門の加工を行う工場なのです。 今回のペンは、かなり以前にThinking Powerさんの開発をお手伝いしてた時に「ぺんてるプラマントラディ

FD STYLEの湯たんぽ。

イメージ
FD STYLEの湯たんぽは2014年に誕生しました。今からちょうど5年前です。 最初にコンパクトな湯たんぽを見たのはその前年でした。製造するツバメテックの会長が、愛犬にも使えるかと作っては見たものの「小さい」事で誰も扱わないから「おまえに売らせてやる」と言われました。その時はとても売れそうもないなぁと思いました。そもそも、既存の物を売るのはデザイナーの仕事ではないだろうと考えていました。 ツバメテックの会長は面白い人で、以前から「おまえが絵を描いてくれば、俺が作ってやるからそれをおまえが売ればいいろ」とも言われていました。当時の私は具体的な条件を提示された範囲で造形することをデザインと考えていました。 たまたま、スノーピーク本社に山井社長を訪ねる機会があり、本社に併設された店舗でコンパクトな湯たんぽを見かけました。そのとき同行した女性が「かわいい」と湯たんぽを手に取るのです。アウトドアで使う小さな湯たんぽという機能面からしか湯たんぽを見ない私にとって「かわいい」という感覚が新鮮でした。 スノーピークの湯たんぽは燕の別の工場のものだけど、サイズは同じくらいでした。その後ツバメテックから製品本体を借りて、1シーズン自分で使ってみました。インドアでもコンパクトな湯たんぽが十分実用になる事が分かりました。同時にコンパクトサイズは、お湯を沸かすのも簡単で毎日使い続けるのが楽なことを実感しました。 燕のステンレスボトルメーカーが山形のニットメーカーとコラボしてニットカバーで差別化した製品を出していて、それをヒントにニット工場とコラボ出来ないかと考えました。機能だけではない魅力を加えられないか、かわいいという感じられる何かを。幸い新潟県は織物や編物の産地が多く、新潟市のお隣の五泉市はニットが地場産業として知られています。 同じ頃、手拭いを作ってもらって居る藤岡染工場で、新潟市のニットーボーで糸を使ったキッチン雑貨を作れないかと言う話があり、ニットーボー新潟さんの工場を見せて貰いました。何より新潟が港町である事を感じさせる歴史ある工場が素敵で気に入りました。製糸業は多くの産業の始まりでもあり、古いとはいえ、燕の手工業とは異なるものだと感じました。綿をほぐして1本1本の繊維に整え、長さ毎に分けて寄りをかけて糸にする。高品

ステンレス鍋について

イメージ
確かめようのない事だけど「ステンレス鍋」について、日本で一番沢山デザインしたのではないかと思っている。でも、きっと最後化の知れないなぁとも思っているのがFD STYLEのステンレス鍋である。 金型に関して言えば、新規に作ってはいないし、フリーになって最初にデザインした貝印の「 ミシェフ 」(1992)やヨシカワの「 パワークックパル 」(1996)とは全く違う背景で作った鍋になる。現在において新潟県燕市であっても新しいステンレスの鍋をつくるという事はかなり難しい事です。ステンレス鍋に関しては通常、14、16、18、20、22、24センチが一つのシリーズとして商品化するのが普通です。でもFD STYLEのステンレス鍋は通常で言う20センチ深型というサイズのみで商品化しています。そして予定より2か月遅れで18センチが完成します。商品としては20センチの黒と白、18センチの黒と白が揃って4種類という事になります。ここまでに2年かかりました。 最近は過去において気にしなかった事に気を付けながらものづくりを行っていて、塗装の焼き付け温度で表面の硬度と色の再現性を試したり、有機溶剤を使わない洗浄方法を試したりしていて、商品の発表と商品化に予想をはるかに超える時間が掛かっています。もちろん予算の制限から掛けられるマンパワーの制約があるのも事実です。以前は図面を渡せば試作品が出来てきて黙っていても商品になり「どこかで」売られていました。そして数年すると自然と廃版になりました。もちろん経緯に関わってもいません。そうした事はデザイナーの仕事とも考えていませんでした。 FD STYLEのステンレス鍋には製造するフジノスが20年保証を付けています。私達の業界では良い鍋にはどれでも同様の保証がついています。20年は業界では最長だそうです。正しい使い方をする限り鍋はそう簡単に修理が必要にはなりません。実際に修理を頼むケースはフッ素加工をしているフライパンを除けば多くはありません。保証がついてる事を覚えていなかったり、メーカーを意識して売られている製品が少ないからだと考えています。私達のFD STYLEが認知されて、不具合が出た時に思い出してもらえれば保障の意味があると思うし、そうなる為に活動していかなくてはならないと考えています。 今回の鍋で限られた

鉄フライパンについて

イメージ
FD STYLE鉄フライパンについて、鉄の安全性についてメールを頂くことが有ります。(人数で言えば過去3名です。)某メーカーが鉄の放射能汚染についてホームページに記載しているからだと考えています。 私達は震災の事実は事実として不安をあおるような事の無いようホームページに記載するような事はしていません。私達からすれば当たり前の事だからです。私達の使う鉄はJFEのものです。JIS の規格で製造された薄板を問屋を経由して購入した結果、JFE製だっただけなので新日鉄のものでもかまいません。ミルシートという 鉄鋼メーカーが鋼材製品を納入時に発 注者へ発 行する 証明書で しか判断できません。製造工場が記載されていますが指定はできません。 工場へは厚さ1.6mmの薄板(商品により2.0mmや2.3mm)を300mm角に切った状態で納品されます。フライパンの形状に絞る時には□から◯に加工する必要があり、材料問屋によっては◯の形状で納める問屋もあります。問屋を経由する事で、必要なサイズと数量で購入できます。金属産地なので無駄がなくなり、効率が良くなります。 私達のフライパンはOXYNIT加工するので冷間圧延鋼板(SPCC)を使っています。他社のフライパンの多くは熱間圧延鋼材(SPH)いわゆる黒皮という素材が多いと思います。鋳物の様に工場で鉄を溶かして流し込む作り方とは違い鉄の薄板という製品を購入して加工しているのです。薄板から様々なプレス方法で製品を生み出すメーカーが集中している産地であるからこそ競争力があるのです。 例えば、包丁も多くは包丁用の鋼板を購入し加工しています。VG10と言った包丁用鋼板が人気です。そうだからこそ海外の人が驚く素人が研ぎ直して切れ味が回復する包丁が作られます。鍛造だけで作ったとしたら無駄に固い包丁になります。金属製品は素材の加工から日本国内で分業され最終製品になっている事がMade in Japanの優れたところです。繊維産業などは糸は海外製がほとんど、編む機械は日本製のものが海外でも使われているので生地は日本製とか言っても説得力を感じません。私達の湯たんぽカバーは糸から新潟で作っていますので高いです。でもフライパンに例えたら本体を海外で作って国内でハンドルを加工してMade in Japanと言ってるようなもの。私達はインチキしてま

2019年明けましておめでとうございます。

2019年明けましておめでとうございます。 昨年は余裕の無い1年でブログの更新もすっかりさぼってしまいました。Facebookやtwitterに時間を割いてしまいました。しかし、このブログは会社のホームページからリンクを貼っているある種公式なもの。今年はキチンと更新して行こうと考えています。 昨年末に鉄フライパンをお使いの方からメールを頂きました。鉄フライパンが放射能汚染されて居るのではないか?という内容です。2012年頃に2人くらいから同様の質問を受け私達なりの回答を決めていますのでその通り返信しました。具体的には安全な事を伝え、使用している鉄材のミルシートを添付し、製鉄所に対しての具体的な内容を公開しました。東日本震災から約7年、いまだに風評に惑わされる人も居るのだと思っています。某メーカーが風評をあおるような文章をウェブで公開しているからでしょう。そこにも (そもそも国産の鋼板にはそのようなものはありませんが)と書かれています。ならば原爆被害の話を持ち出して恐怖心をあおるのかと不思議に思っています。 あぁ、またあのホームページを見て質問してこられたのだろうと。製造メーカーでは無いので第三者として、一般的に日本の高炉で製鉄された材料は安全である事やもしそのことに疑問を待っているとしてら、製造メーカーが自主的に受け入れの際に放射能測定をするべきで、現実的に私達の工場ではそのような事は行っていない。私達が入手できるフライパン用の鉄の薄板は新日鉄かJFEのものでJIS規格で管理されたものである。たまたまメーカーに材料を入れる商社の関係でJFEのものを使っているが何らかの理由で新日鉄のものになっても JIS規格であれば問題はない。フライパンに限らず食品製造ラインにしても同様だ。ステンレスだって鉄の合金である。放射能汚染されていれば大変なことになる。 鉄フライパンという分かりやす製品だから心配なのか、少し考えれば分かりそうなものである。もしも震災のがれきが混入し放射能汚染された金属が使われてるとしたら鉄だけでなく、よりリサイクル率の高いアルミも汚染されているはずである。そのような危険を高炉メーカーがする理由がない。メーカーに問い合わせても「厳正に管理し、放射能汚染された震災瓦礫が混入する事は無い」という回答しか得られない。それをあたかも正しい事の様にホーム

私達のものづくり

イメージ
最近もっと私達のものづくりを知ってもらわないとなぁ、と感じているので実際にどうやってモノをつくっているか製作途中のものを載せてみます。これはペーパナイフで約300個製造します。友人の文具屋さんに「燕三条製のペーパーナイフ無いですか?」と尋ねられたのが切っ掛けです。以前も同じように依頼で探したことが有るのですが、3000円くらいの予算で探すと良いモノはありません。あってもOEM品ではダメだし、普通の工場でフリーであるものはおまけみたいな安物しかありませんでした。この辺が問題で製品は作っていても工場として売る事が出来ません。キチンとした良い製品ほどそうなのです。 無かったら作ろうかなぁと、ササゲ工業の捧大作常務に画を書いて作ってくれと聞いてみました。捧常務は若いのに現代版の職人です。古い技術と新しい技術を融合して継続可能な商品にしてくれます。もちろんFD STYLEに関わる工場は皆そうなのですが、フットワークが良いのと現代の通信手段でレスポンスが良いのも貴重なのです。 それがこれです。4ミリの角材にレーザーで抜いたブレードで300くらいなら金型なしで作れないかと。基本的に作れるとは思っていて「作れる」と「作ってくれる」は人間関係で同じではありません。お金払えばって思う人もいますが、現実にはお金の問題ではありません。この後、図面書いてレーザーのデータを送って実際に1個試作してもらいました。金型なしの手作りなので角材が図面通りに曲がりません。曲がらないなりの形に合わせてデータを修正したものをつくります。片刃なので溶接の高さも変更しました。 私達のものづくりの場合普段は記録なんて取りません。試作する前に刃物材を圧延する工場なども見に行きましたが記録は記憶にとどめます。試作も1個しか作らないから提出したら帰って来ません。1枚目の画から2枚目までに様々な改良を行います。これが日本のものづくりで貴重な工程です。ただデザイナーが図面を書いて工場がその通りに作るというのではありません。1枚目の刃付けのラインと2枚目では私自身が製造方法を知らなかったことによる違いがデザインに影響します。コストを下げる事と作りやすいはほぼイコールです。それと造形的な美しさが合わさる時があります。 結果角材を曲げるのがこの3本ロールです。茶筒で有名な開花堂さんの製造方法