投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

ドーナツ TO GO のバービーコラボモデル

イメージ
ドーナツ TO GO のクリスピークリームドーナツ+バービーコラボモデルです。

個人的には商品カラーのピンクはオリジナルの方が好きですが、蛍光クリーンのパッケージはなかなか良いです。ライバルのドーナツ屋さんがリカちゃんとコラボしているようですがこっちの方が良いな。新潟にもクリスピークリームドーナツ出来て欲しい。


今ならミニボックス買うともらえるらしい!

クリスピークリームドーナツ
http://www2.krispykreme.jp/menu_seasonal/

iPad 2購入しました。

イメージ
iPad 2を購入しました。人気商品とあって手元に届くのに2週間くらい掛りました。

iPhone 3GSを使っているので、同じような印象かな?と思っていたのですが、全く違います。本当にアップルはモノづくりが上手です。iPhone iPad MacBookとそれぞれ、ちゃんとポジショニングが出来ていて素晴らしい。

気になった点は、例のカバーがスタンドになるのは良いのですが、背面にはMacBookのような足のパーツが無くアルマイト処理してあるとはいえ傷が気になる事です。リビングのテーブルに無造作に置くような時、テーブルにもiPadにも気を使います。日本人ですから。
そういえば、リュウドでスタンドデザインしたな、という事で使ってみました。


これは、Apple StoreでiPadの展示に使われている台が気に入り、簡単に造れないかとデザインしました。画面を「見る」為のスタンドでは無く「操作」する為のスタンドです。


例のカバーのスタンドとどうなのかな?と思っていましたが、邪魔にもならず、操作時は勿論置いておく為の台としても使える。


近くリニューアル予定のFD Storeで1480円で取り扱う予定です。

震災とデザイナー

改めて、東日本大震災で被災された方にお悔やみを申し上げます。先月に引き続きfd storeの売上の10%を日本赤十字に義援金として振り込みました。詳しくはエフディーのホームページをご覧ください。

震災後、デザイナーに何ができるか?というような活動を目にする機会が増えました。私の所属するJIDAでも様々な方が活動しているようです。
NOSIGNERさんのOLIVE PROJECTは本当に素早く、そして有意義なのもです。それ以外にも多くの活動が、デザイン情報誌でも特集されています。

しかし、度を越しすとデザイナーの押し付けになりつつあるのでは?と危惧もしています。被災された方のニーズを捉えてるの?と疑問に思う非効率な活動もあるように感じます。

私のクライアントは製品を通じて国の要請で製品を供給しています。私のデザインした製品も今後被災地の復興に役立つ「普通の暮らし」に必要なものです。私は自分がデザインした製品を自社のサイトで販売もしているのでその売り上げの10%を毎月赤十字に寄付しています。期限は定めず少なくとも1年は続けて行きたいと思います。

デザイナーだから、何か特別な方法で支援しなくてはならないなんて無いと思います。

私は介護分野に若者の就労を委ねる政府の政策に反対です。若者が夢を抱けるでしょうか。それより新しい産業を、先進国として開発しなくてはなりません。デザインという産業もその一翼を担わなくてはなりません。デザインという産業に特別意識を持つ事は必要ないと思います。

例えば、バルミューダのグリーンファンのような製品は素晴らしい。震災前にも有った、健康志向や省エネに対する真面目なデザイン活動が結実したのであろう。バッテリーの準備も素早い。

私もデザイナーとして負けられない。

OLIVE PROJECT

http://www.olive-for.us/

バルミューダ
http://www.balmuda.com/jp/greenfan/

仕事の打合せで富山へ

イメージ
新しい仕事の打合せで富山へ。学生の時に住んでいた事のある隣の県ですが少し離れていて高速道路で約2時間。ちょうど富山市へ着いたのがお昼だったので、看板に誘われ「富山ブラック」を初体験。



ちょっと、しょっぱかった。
あまり具体的にはできませんが、医療器のような見た事もないし使い方も分からない道具のデザインも良く頼まれますが、それとも全くタイプの未知なる道具のデザイン。



全く違う知らないわけではないし、目的も知っている。小学生の時割と大きな望遠鏡を持っていました。でも、それとは全く違うレベルの専門的な道具。是非見せてもらおう訪問して見せてもらいました。ドームの構造や建物の構造などのとても勉強になりました。私の場合新潟県内で製造するモノが仕事のほとんどです。似たような技術を使うのですが、産地が違うと考え方や産地としての歴史や背景が違って刺激になりました。

肝心の仕事の方はスケジュールがタイトでゴールデンウィークが潰れそう。でも、とても面白そう。