投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

Maison et Objet 2017出展しました。

イメージ
2017年1月20日から24日までパリのノールヴィルパント見本市会場(PARIS NORD Villepinte)で開催されたMaison et Objet 2017にFD STYLEとして出展しました。


2012年に初めて単独でギフトショーに出展した時、このような日が来るとは想像もしていませんでした。この間一緒に試行錯誤を繰り返してくれたスタッフと協力してくれているメーカーのお陰と感謝しています。


ます初めに何故、地方の小さなデザイン事務所であるFDがこのようなことを初めたかについて書いてみます。モノはメーカーが作ります。その背景を伝えるのも本来はメーカーの役割です。しかし現実には長い間役割分担でメーカーは作ることに専念し、問屋という中間業者が流通を担当してきました。流通にはモノを届けることと情報を届けることの2つがあります。モノが満たされ大量消費が終わったことでモノを届けることは宅急便などの運送業者で事足りるようになりました。問題は情報を伝える事です。わかりやすく自動車を例に例えれば、自動車の広報は製造メーカーが行いますよね。販売会社も独自に広報も行います。しかし、製品情報など圧倒的にメーカーがユーザーに伝えていると思います。私達はメーカと共に作り手として責任を持って商品の全てを伝えたいと活動しています。この事は既存の流通にマイナスの影響を与えるとは考えていません。展示会や店頭で私達が自ら制作した販促物を使い伝える事で価格訴求やブランドといった偶像イメージと競合しても選んでもらえるものづくりを行っているという自信があって取組んでいます。

パリは2ヶ月前に下見をし、その際に知り合ったフランス人の青年から通訳の方を紹介してもらい1月の上旬に燕三条へ来ていただき、私達のメーカーだけでなく燕三条のものづくりを知ってもらう機会を設けました。


また、単なる英語版カタログではなく折り紙の手裏剣になるフライヤーも用意しました。これは単にウケを狙う事と、日本人の器用さとかものづくりに長けた国民性を説明する道具として活用しようと企画しました。私達の製品は特別な職人が作るものではなく、普通のおじさんやパートのおばさんが作るモノです。私が感じてる事は職人と呼ばれるスペシャリストは日本人にもフランス人にもいて、フランスのライオール(ラギオール)では素晴らしいナイフが作られています。イタ…
イメージ
新年あけましておめでとうございます!
昨年はFacebookやtwitterにかまけてブログをサボっていました。今年はブログを中心に情報発信していきたいと思います。
まず、1月20日からパリで行われるメドンエオブジェに出展します。FD STYLEとして2012年から「新潟から世界へ」をコンセプトに行ってきた活動の集大成と位置付けた展示イベントです。ちょうど丸4年で、振り返ってみても色々な経験をすることができました。

現在、商品を取り扱っていただいてるほぼすべてのお店の方とつながることが出来ました。モノを作るだけでなく使ってもらえる方へどのように伝えるのか?それ以前に考えることもなかった事です。自分でデザインしたものをどのようなメーカーが製造し、使ってくださる方とどのような場所で出会うのか。FD STYLEで私がデザインするモノは特別変わったものではないし、多くの方に手にしてはもらいたいけれど、普通にはなりたくない。アマゾンやイオンで普通に手に入る必要はない。これだけ沢山のモノが溢れているのだから少しくらい手に入れにくいモノがあってもいい。展示会に出ていながら扱いたいというお店に断ってもいます。実際にアマゾンで販売されている事は本意ではありません。 取扱店の方にも止めてもらいたいし、欲しいと考えているお客様にも考えて欲しい。
すべてのモノが売れれば良いと考えて作られているわけではないし、少なくともFD STYLEは私達FDがデザインから販売までを「デザイン」している事に意味があってそれを無視して同じモノだからとして手に入れるほどのモノでは無いでしょう。デザイナーが売るというのはそういう事だと思う。
丸4年で一つの到達点としてパリのメドンエオブジェを選びました。自分たちらしい展示の方法で参加してこようと考えています。
2017年も宜しくお願いします。