投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

FD STYLE「鉄のフライパン」にアイテムが増えます。

イメージ
ポルシェのカタログに「私たちが車を作り続けて約50年、そのうち8割の車がまだ道路上にあり走れる状態である。それが私達の考えるエコである。」みたいなことが書かれていました。
つまり、簡単にゴミになる車は作ってない。

私のデザインする多くの製品もそうあって欲しい。
この考えがFD STYLEやFD STOREへ繋がっています。

燕三条の産地で活動する私の場合、依頼される製品の多くは既に製品としては完成されたものです。コモディティ化という言葉が使われる遥か以前からコモディティ化が進み無理にスタイリングを変えた商品が生まれては消えてきました。

理由の一つは明らかに流通です。
売り場は目新しさを求めて「飽きた」という理由で商品を入れ替えます。消費者は売り場の変化に敏感で新し良い商品が並ぶとそれなりに売れてきました。
その為に鍋やケトルはモデルチェンジを繰り返してきました。近年デフレが進むと、それらの多くの商品は海外調達に切り替わり産地は疲弊してきました。燕三条の新製品の開発は当然少なくなってきます。

7年くらい前だと思いますが、ダイソン社のキャンペーンでジャスコ(笑)の売り場に体験とアンケートが実施されそれに答えたら後日、掃除機が送られてきました。
それを使ってビックリしました。それまで、家電量販店の売り場ではメーカーの派遣の売り子さんが掃除機のスペックを数字で説明していて(曖昧な記憶ですが)フィルター式の掃除機が400Wや500Wなのに対してダイソンは280W。実際に吸引効率が悪いと何度も説明されていたからです。

実際に使ったダイソンは圧倒的に誇りを吸引しました。クリアーの本体にその様子がはっきりわかる。数値化したわけのわからない説明よりも使ったとき実感できる性能。驚きでした。

ジェームスダイソン(ダイソンの生みの親であり、工業デザイナー)の記事を読み、自分なりに工業デザイナーに出来る事を模索し始めました。

「燕三条の家庭用品にも同様の事が言えるのではないか?」
道具としての基本性能を特徴づけ訴求する。使った方が実感できる機能を備えた美しい道具。
作るだけではなく、ユーザーに伝え、届ける方法にもデザイナーが責任を持つ。そう考えて出来る事から少しづつ初めて今日に至るのがFD STYLE(私の主宰するデザイン事務所エフディーのやり方)なのです。

問合せをいただく方に「FD S…