投稿

FD STYLEの湯たんぽ。

イメージ
FD STYLEの湯たんぽは2014年に誕生しました。今からちょうど5年前です。 最初にコンパクトな湯たんぽを見たのはその前年でした。製造するツバメテックの会長が、愛犬にも使えるかと作っては見たものの「小さい」事で誰も扱わないから「おまえに売らせてやる」と言われました。その時はとても売れそうもないなぁと思いました。そもそも、既存の物を売るのはデザイナーの仕事ではないだろうと考えていました。 ツバメテックの会長は面白い人で、以前から「おまえが絵を描いてくれば、俺が作ってやるからそれをおまえが売ればいいろ」とも言われていました。当時の私は具体的な条件を提示された範囲で造形することをデザインと考えていました。 たまたま、スノーピーク本社に山井社長を訪ねる機会があり、本社に併設された店舗でコンパクトな湯たんぽを見かけました。そのとき同行した女性が「かわいい」と湯たんぽを手に取るのです。アウトドアで使う小さな湯たんぽという機能面からしか湯たんぽを見ない私にとって「かわいい」という感覚が新鮮でした。

スノーピークの湯たんぽは燕の別の工場のものだけど、サイズは同じくらいでした。その後ツバメテックから製品本体を借りて、1シーズン自分で使ってみました。インドアでもコンパクトな湯たんぽが十分実用になる事が分かりました。同時にコンパクトサイズは、お湯を沸かすのも簡単で毎日使い続けるのが楽なことを実感しました。
燕のステンレスボトルメーカーが山形のニットメーカーとコラボしてニットカバーで差別化した製品を出していて、それをヒントにニット工場とコラボ出来ないかと考えました。機能だけではない魅力を加えられないか、かわいいという感じられる何かを。幸い新潟県は織物や編物の産地が多く、新潟市のお隣の五泉市はニットが地場産業として知られています。
同じ頃、手拭いを作ってもらって居る藤岡染工場で、新潟市のニットーボーで糸を使ったキッチン雑貨を作れないかと言う話があり、ニットーボー新潟さんの工場を見せて貰いました。何より新潟が港町である事を感じさせる歴史ある工場が素敵で気に入りました。製糸業は多くの産業の始まりでもあり、古いとはいえ、燕の手工業とは異なるものだと感じました。綿をほぐして1本1本の繊維に整え、長さ毎に分けて寄りをかけて糸にする。高品質な綿の繊維は美しく、肌触りも良い。それまで糸について考えたことも無かっ…

ステンレス鍋について

イメージ
確かめようのない事だけど「ステンレス鍋」について、日本で一番沢山デザインしたのではないかと思っている。でも、きっと最後化の知れないなぁとも思っているのがFD STYLEのステンレス鍋である。


金型に関して言えば、新規に作ってはいないし、フリーになって最初にデザインした貝印の「ミシェフ」(1992)やヨシカワの「パワークックパル」(1996)とは全く違う背景で作った鍋になる。現在において新潟県燕市であっても新しいステンレスの鍋をつくるという事はかなり難しい事です。ステンレス鍋に関しては通常、14、16、18、20、22、24センチが一つのシリーズとして商品化するのが普通です。でもFD STYLEのステンレス鍋は通常で言う20センチ深型というサイズのみで商品化しています。そして予定より2か月遅れで18センチが完成します。商品としては20センチの黒と白、18センチの黒と白が揃って4種類という事になります。ここまでに2年かかりました。


最近は過去において気にしなかった事に気を付けながらものづくりを行っていて、塗装の焼き付け温度で表面の硬度と色の再現性を試したり、有機溶剤を使わない洗浄方法を試したりしていて、商品の発表と商品化に予想をはるかに超える時間が掛かっています。もちろん予算の制限から掛けられるマンパワーの制約があるのも事実です。以前は図面を渡せば試作品が出来てきて黙っていても商品になり「どこかで」売られていました。そして数年すると自然と廃版になりました。もちろん経緯に関わってもいません。そうした事はデザイナーの仕事とも考えていませんでした。


FD STYLEのステンレス鍋には製造するフジノスが20年保証を付けています。私達の業界では良い鍋にはどれでも同様の保証がついています。20年は業界では最長だそうです。正しい使い方をする限り鍋はそう簡単に修理が必要にはなりません。実際に修理を頼むケースはフッ素加工をしているフライパンを除けば多くはありません。保証がついてる事を覚えていなかったり、メーカーを意識して売られている製品が少ないからだと考えています。私達のFD STYLEが認知されて、不具合が出た時に思い出してもらえれば保障の意味があると思うし、そうなる為に活動していかなくてはならないと考えています。


今回の鍋で限られた範囲ですが取組んでいる事が、有機溶剤を使わない洗浄…

鉄フライパンについて

イメージ
FD STYLE鉄フライパンについて、鉄の安全性についてメールを頂くことが有ります。(人数で言えば過去3名です。)某メーカーが鉄の放射能汚染についてホームページに記載しているからだと考えています。
私達は震災の事実は事実として不安をあおるような事の無いようホームページに記載するような事はしていません。私達からすれば当たり前の事だからです。私達の使う鉄はJFEのものです。JIS の規格で製造された薄板を問屋を経由して購入した結果、JFE製だっただけなので新日鉄のものでもかまいません。ミルシートという鉄鋼メーカーが鋼材製品を納入時に発注者へ発行する証明書でしか判断できません。製造工場が記載されていますが指定はできません。

工場へは厚さ1.6mmの薄板(商品により2.0mmや2.3mm)を300mm角に切った状態で納品されます。フライパンの形状に絞る時には□から◯に加工する必要があり、材料問屋によっては◯の形状で納める問屋もあります。問屋を経由する事で、必要なサイズと数量で購入できます。金属産地なので無駄がなくなり、効率が良くなります。

私達のフライパンはOXYNIT加工するので冷間圧延鋼板(SPCC)を使っています。他社のフライパンの多くは熱間圧延鋼材(SPH)いわゆる黒皮という素材が多いと思います。鋳物の様に工場で鉄を溶かして流し込む作り方とは違い鉄の薄板という製品を購入して加工しているのです。薄板から様々なプレス方法で製品を生み出すメーカーが集中している産地であるからこそ競争力があるのです。

例えば、包丁も多くは包丁用の鋼板を購入し加工しています。VG10と言った包丁用鋼板が人気です。そうだからこそ海外の人が驚く素人が研ぎ直して切れ味が回復する包丁が作られます。鍛造だけで作ったとしたら無駄に固い包丁になります。金属製品は素材の加工から日本国内で分業され最終製品になっている事がMade in Japanの優れたところです。繊維産業などは糸は海外製がほとんど、編む機械は日本製のものが海外でも使われているので生地は日本製とか言っても説得力を感じません。私達の湯たんぽカバーは糸から新潟で作っていますので高いです。でもフライパンに例えたら本体を海外で作って国内でハンドルを加工してMade in Japanと言ってるようなもの。私達はインチキしてまでモノを売ろうとは思いませ…

2019年明けましておめでとうございます。

2019年明けましておめでとうございます。
昨年は余裕の無い1年でブログの更新もすっかりさぼってしまいました。Facebookやtwitterに時間を割いてしまいました。しかし、このブログは会社のホームページからリンクを貼っているある種公式なもの。今年はキチンと更新して行こうと考えています。

昨年末に鉄フライパンをお使いの方からメールを頂きました。鉄フライパンが放射能汚染されて居るのではないか?という内容です。2012年頃に2人くらいから同様の質問を受け私達なりの回答を決めていますのでその通り返信しました。具体的には安全な事を伝え、使用している鉄材のミルシートを添付し、製鉄所に対しての具体的な内容を公開しました。東日本震災から約7年、いまだに風評に惑わされる人も居るのだと思っています。某メーカーが風評をあおるような文章をウェブで公開しているからでしょう。そこにも(そもそも国産の鋼板にはそのようなものはありませんが)と書かれています。ならば原爆被害の話を持ち出して恐怖心をあおるのかと不思議に思っています。

あぁ、またあのホームページを見て質問してこられたのだろうと。製造メーカーでは無いので第三者として、一般的に日本の高炉で製鉄された材料は安全である事やもしそのことに疑問を待っているとしてら、製造メーカーが自主的に受け入れの際に放射能測定をするべきで、現実的に私達の工場ではそのような事は行っていない。私達が入手できるフライパン用の鉄の薄板は新日鉄かJFEのものでJIS規格で管理されたものである。たまたまメーカーに材料を入れる商社の関係でJFEのものを使っているが何らかの理由で新日鉄のものになってもJIS規格であれば問題はない。フライパンに限らず食品製造ラインにしても同様だ。ステンレスだって鉄の合金である。放射能汚染されていれば大変なことになる。

鉄フライパンという分かりやす製品だから心配なのか、少し考えれば分かりそうなものである。もしも震災のがれきが混入し放射能汚染された金属が使われてるとしたら鉄だけでなく、よりリサイクル率の高いアルミも汚染されているはずである。そのような危険を高炉メーカーがする理由がない。メーカーに問い合わせても「厳正に管理し、放射能汚染された震災瓦礫が混入する事は無い」という回答しか得られない。それをあたかも正しい事の様にホームページで物語の様に利用…

私達のものづくり

イメージ
最近もっと私達のものづくりを知ってもらわないとなぁ、と感じているので実際にどうやってモノをつくっているか製作途中のものを載せてみます。これはペーパナイフで約300個製造します。友人の文具屋さんに「燕三条製のペーパーナイフ無いですか?」と尋ねられたのが切っ掛けです。以前も同じように依頼で探したことが有るのですが、3000円くらいの予算で探すと良いモノはありません。あってもOEM品ではダメだし、普通の工場でフリーであるものはおまけみたいな安物しかありませんでした。この辺が問題で製品は作っていても工場として売る事が出来ません。キチンとした良い製品ほどそうなのです。
無かったら作ろうかなぁと、ササゲ工業の捧大作常務に画を書いて作ってくれと聞いてみました。捧常務は若いのに現代版の職人です。古い技術と新しい技術を融合して継続可能な商品にしてくれます。もちろんFD STYLEに関わる工場は皆そうなのですが、フットワークが良いのと現代の通信手段でレスポンスが良いのも貴重なのです。


それがこれです。4ミリの角材にレーザーで抜いたブレードで300くらいなら金型なしで作れないかと。基本的に作れるとは思っていて「作れる」と「作ってくれる」は人間関係で同じではありません。お金払えばって思う人もいますが、現実にはお金の問題ではありません。この後、図面書いてレーザーのデータを送って実際に1個試作してもらいました。金型なしの手作りなので角材が図面通りに曲がりません。曲がらないなりの形に合わせてデータを修正したものをつくります。片刃なので溶接の高さも変更しました。


私達のものづくりの場合普段は記録なんて取りません。試作する前に刃物材を圧延する工場なども見に行きましたが記録は記憶にとどめます。試作も1個しか作らないから提出したら帰って来ません。1枚目の画から2枚目までに様々な改良を行います。これが日本のものづくりで貴重な工程です。ただデザイナーが図面を書いて工場がその通りに作るというのではありません。1枚目の刃付けのラインと2枚目では私自身が製造方法を知らなかったことによる違いがデザインに影響します。コストを下げる事と作りやすいはほぼイコールです。それと造形的な美しさが合わさる時があります。


結果角材を曲げるのがこの3本ロールです。茶筒で有名な開花堂さんの製造方法と同じ手動式の3本ロールでハンドル…

サクラ満開ですね。

イメージ
新潟はサクラが開花してから気温が下がり週末は雨だったりしてお花見には向かない年のようですが、事務所の周りでは今日は見ごろなので写真撮ってみました。
ちょっと前にわざわざ(長野のパン屋さん)さんにお邪魔した時にカメラのレンズがツァイスで私も買ってみました。

単純にレンズが重い。

その違いが感じられるのか分からないのですが、まぁ撮ってみました。道具(プロダクト)が好きなので単純にレンズを買えただけで満足度は上がります。αマウントなのでレンズは揃えやすいです。


基本的にカメラは製品を撮影する時しか使わないのでボケ感とかあんまり気にしたことが無いです。違うかな?


新潟は信濃川の河口に出来た街なので中心に信濃川が流れ良岸にサクラが咲いていますが、場所により少し違うようですが私の事務所の周辺は今が満開です。今週末もまだお花見できる事でしょう。

春になりました!

イメージ
すっかり季節は春になりました。
今年の新潟は雪が多かったので、その分春が待ち遠しかったです。春になると年度も変わり新しい事はじめたくなりますよね。
2年ぶりくらいに新製品を発表しました。ステンレス製の鍋です。以前ブログで鍋について意見を書いたことが有るのですが、それを見たメーカーの方が昨年三条ものづくり学校で行った「僕らの自販プロジェクト」に参加して下さり、商品化する事になりました。

そのメーカーはフジノスと言って、私自身は存在は知っていたけれどほとんど知らないメーカーでした。事前のイメージはステンレス鍋を作っている独自の流通を持つメーカーなのだろうという感じです。漆山金属とかと似たイメージ。(漆山金属も詳しく知りません)実際工場にお邪魔してみると、それよりは本間製作所みたいな感じを受けました)本間製作所も詳しく知りません)この辺はマニアな人にしかつたわらないでしょう。
私の場合、一緒にモノをつくる時に重要な事の一つが誰とどの様に作るのかという事です。ステンレス鍋に関しては既に製造する段階になり、同時に販路の開拓に移っています。長野県にあるパン屋さん「わざわざ」の平田さんにプロモーションを手伝ってもらうべくお邪魔してきました。


ものを売る事に関しては私達は「アマチュア」です。一つ一つが勉強だし発見でもあります。そうした発見を本業であるものづくりに活用しています。わざわざの平田さんはパン屋としてアマチュアだし、雑貨の開発も販売もアマチュアです。でもそのアマチュアの次元が高くてマニアでありオタクである。そもそもプロフェッショナルとアマチュアの差は何か?と考えると目指すところは同じでありながら辿るルートが違う人ではないかと考えている。第三者から学ぶことにより合理的なルートを進み、スキルを身に着ける人がプロフェッショナルとするなら、自分で体験し納得するルートを進み、経験と実績を重ねるハイアマチュアな人がいて、一緒に仕事をして楽しく進められるのはハイアマチュアな人だと感じています。既成のルールに縛られなかったり、私自身がそうしたルールで立ち止まりそうなときに簡単にその先を示してくれるような気がするのです。


経験のない分野に進むとき人は誰しも立ち止まり考えます。体験した事が無いのだから考えても仕方ないと思いながらも慎重になり立ち止まる。ハイアマチュアな人はそこで立ち止まらない…