FD STYLEがやっている事

FD STYLEと私達が呼んでいるプロジェクトは、コアなFD STYLEというセルフブランド。
黒いキッチンツールや新しい湯たんぽなど、GoodDesign賞やWallPaper Design of the Year等に選ばれた商品群。

FD STYLEがやらねばならない5つのコアバリューが有ります。
大切にしているのは、良いデザイン。そして燕三条の職人技へのこだわり。パッケージや広告写真を自分達で制作して、最上のものを目指すという決意と顧客に丁寧に伝える事。最後は新潟という地域でデザインやデザイナーの価値を高め社会への責任を果たすという事。

FD STYLEにとって早すぎる成長は望んでいない。自分達だけで出来る事を積み重ねて、スタッフの成長に合わせてコアバリューを磨くことが大切だと考えています。

現在のスタッフになって2年半時間をかけて成長させてきました。

これから、プロジェクトとしてのFD STYLEが展開されます。

今回のててて見本市ではその中からササゲ工業とのプロジェクト「三作」
燕のステンレス加工技術を使った新しい日本酒用の酒器シリーズ。三作というネーミングはササゲ工業の創業者 捧三作の名前から名付けました。捧という名前は燕では多く、製造メーカーに複数見られたたため屋号のように「さんさく」と呼ばれて来ました。

もう一つはニットのフォルツとのプロジェクト
未だプロジェクトネーミングも決まっていませんが今回試作品を展示します。ニットという未知の製品に対して伝え手となる皆さんの声を聞いてみたいので展示します。

今年はこれ以外に4社とのプロジェクトが展開します。それぞれのメーカーとFD STYLEで築いたコアバリューを磨きながら時間をかけて成長するプロジェクトです。

是非ててて見本市会場へお越しください。

ててて見本市2015

コメント

人気の投稿